I.S.U サーキット 2017年

第二戦 茨城県知事杯レポート


茨城県知事杯
 6月18日(日)、鉾田市トップサンテで、ISUサーフィン・サーキットの第2戦「茨城県知事杯」が開催された。天候は、終日、雨が降りそうな曇天で、強い風が海側から吹き付けていた。気温も平年よりもかなり低く肌寒い陽気だった。
 3ポイントで競技が行われたが、午前中の堤防の南側のAポイントは、北側のB,Cポイントよりも海風を受けず比較にならないほど良かった。B,Cポイントは普段だったらサーフィンしない程のコンディションで、ここで競技した選手たちが気の毒に思えたほどだった。
 ショートボード・ウィメンクラスの決勝は、コンディション不良の中、北崎美優がヒート前半に大きなオフ・ザ・リップを決めて、エクセレント・スコア-を得て、そのまま優位にヒートを支配して優勝した。2位から4位までは僅差の混戦だった。五味雅恵、我妻久美、伊藤美佳と続いた。
 キッズ・チャレンジクラスは、選手たちのパフォーマンスでギャラリーを大いに盛り上がらせていた。決勝では、優勝した菊池一汰のライディングが目を引いた。ボトムターン、アップス&ダウン、オフザリップ、カットバックとバラエティに技を繰り出し、普段の練習の成果を踏んだんなく見せていた。3位の鯉沼多輔も予選で見せたボトムターンは印象に残った。2位、4位の早坂健汰、志賀勇平もスピードに乗った良い滑りをしていた。今後のこのクラスの戦いには、面白さが充満している。
 ロングボード・オープンクラスの決勝は、ライトに崩れる良い波を捉え、それをメークした菊池里騎が優勝した。2位には石崎学、3位には田代啓、4位には鈴木頼俊と続いた。
 チャレンジクラスの決勝は、吉田忠久と小学生の井上真男の一騎打ちと言った戦いだった。二人の優劣の差は非常に付け難い状況の中、勢いの差で井上が確実に上回っていた。井上は、河原子に続ずきこのクラス2連覇を達成し勢いに乗る。吉田は2位。3位は、もう一本が欲しかった廣瀬豪、4位は藤崎洋介となった。
 オープンクラスの決勝は、序盤から中盤にかけて、斉藤幹太が2本の良い波を捉え、それらをメークして他を大きく引き離し優勝した。2位の志賀勇平はヒート終了間際、このヒートのベストスコア-を挙げたが、もう一本のスコア-が低く斉藤のスコア-には及ばなかった。3位、4位は善戦及ばず野底大介、引地涼太と続いた。
 スペシャルクラスは、前半のライディングが勝敗を左右した。序盤に2本のレフトブレークの波を確実にメークした五来潤の好スコア-に、最後まで他の3選手が及ばなかった。2位の諸戸英雄は、ヒート全般に渡り攻撃的な展開であったが、技の完成度では五来の方が上回っていた。その点がジャッジに評価されたのであろう。3位の野田修成は、このヒートのオープニングウエーブを捉え、良いライディングへと繋げたが、その後は良い波は得られず、空回りのままヒートは終了してしまった。4位の安部亘も野田と同様に、燃え尽きた戦いとはならなかったようだ。コンディション不良の中の戦いで気の毒に思う。尚、五来潤は、このサーキット、嬉しい初優勝を飾った。
 トップサンテでの、コンディション不良の中でのISUサーフィン・サーキット第2戦は無事終了した。今大会は、県外からのエントリーが多くこれまでの最大の参加者数となった。悪天候、強いオンショアの中、悪銭苦闘しながらも健闘した選手たちは、賞賛に値するだろう。ただ、選手たちには、よいコンディションのもとで戦わして挙げたい。次は、9月9、10日の「大洗カップ」。良い波の大会になって欲しい。
 
 
 
 (リポート&PHOTO・石毛正昭)
 
 

大会の模様は、コチラよりご覧頂けます。

スペシャルクラス

RANKNAME
第一位五来 潤 (ミズキサーフ)
第ニ位諸戸 英雄 (一般)
第三位野田 修成 (イエローサンズ)
第四位安部 亙 (トゥー フリーダム)

オープンクラス

RANKNAME
第一位斉藤 幹太 (ミズキサーフ)
第ニ位志賀 勇平 (ミズキサーフ)
第三位野底 大介 (サンサーフ)
第四位引地 涼太 (ホワイトキャップス)

チャレンジクラス

RANKNAME
第一位井上 真男 (ミズキサーフ)
第ニ位吉田 忠久 (一般)
第三位廣瀬 豪 (K2サーフ)
第四位藤崎 洋介 (トゥーフリーダム)

ロングオープンクラス

RANKNAME
第一位菊池 里騎 (一般)
第ニ位石崎 学 (ファンタジーアイランド)
第三位田代 啓 (一般)
第四位鈴木 頼俊 (ファンタジーアイランド)

ショートウィメンクラス

RANKNAME
第一位北崎 美優 (オレンジカウンティ)
第ニ位五味 雅恵 (サンサーフ)
第三位我妻 久美 (ダンパー)
第四位伊藤 美佳 (サンサーフ)

キッズクラス

RANKNAME
第一位菊池 一汰 (サンサーフ)
第ニ位早坂 健汰 (サンサーフ)
第三位鯉沼 多輔 (イエローサンズ)
第四位伊藤 匠太 (…)

PAGE TOP

Menu